イフミック IFMC.(集積機能性ミネラル結晶体)
イフミック IFMC.(集積機能性ミネラル結晶体)

「ミネラル」の可能性を、
人に、社会に。

旧い歴史を持つ火山国・日本の温泉は、多くの国民の疲れや傷を癒し、昭和初期には温泉療法の研究が盛んになりました。 私たちは温泉水の物理・化学的作用に着眼し、微量元素などが人体に皮下吸収されるだけではなく、それらが放射する何かが人体に影響し、血流量を増加させるなど、様々な治療効果を発現させているのではないかと考えました。

そこで日本各地にある温泉の地盤調査を重ね、特定の鉱物を採取し、ミネラルの豊富な湧き水、鉄分を多く含んだ温泉水に一定時間浸けて溶出した成分を分析したところ、ナノメーターレベルの非常に微小な結晶体を観察することができました。

私たちは、この鉱物、水、温泉水の特定の組み合わせによってできた溶出液を 【IFMC.(イフミック):集積機能性ミネラル結晶体/Integrated Functional Mineral Crystal】と名付け、東京都市大学総合研究所内に「ミネラル結晶体研究センター」を設立し、いくつかの実験を行いました。

皮膚に直接噴霧、または繊維に加工して皮膚に接触させると、どちらも体温が上昇し、血流量が増加することが分かりました。また、イフミックを加工したウェアや腰ベルトを装着するだけで体幹が強くなり、バランスが強化され、腰痛や肩こりなどが軽減されることも分かり、さらに福島大学人間発達文化学類 教授の川本和久先生による睡眠実験では、入眠時間、睡眠の深さ、睡眠途中の覚醒回数で効果が認められました。

また2019年4月、イフミックの生理活性作用の研究から、生体内にNO(一酸化窒素:1998年にノーベル賞受賞)という究極の健康物質が瞬間的に増加することが解明致しました。

現在ではサンフォード株式会社とイフミック技術を応用した【AXF(アクセフ):axisfirm】というスポーツブランドを共同開発し、さらにベルガードファクトリージャパン株式会社とも提携し、ネックレスやプロテクターなど、プロ野球選手をはじめ多くのアスリート達にご愛用いただいております。

イフミックは昨年11月に広島県が主催したSDGsビジネスコンテストにおいて、「すべての人に健康と福祉を」にコミットしたビジネスモデルで優秀賞を受賞しました。

今後はさらにこの技術を応用してイフミックの持つ可能性を広げていきたいと考えております。

IFMC.技術開発

 
社名 株式会社テイコク製薬社
創業 大正10年(1921年)
代表取締役 畠山 兼一郎
事業内容 ・IFMC.(集積機能性ミネラル結晶体)事業
・ファーマシー事業(4店舗)
・調剤薬局事業(10店舗)
・商品開発事業
主な活動テイコクオンラインストア(ネット販売)
・SDGs Leaders Kansai
  世界を変えるための17の目標 世界を変えるための17の目標
SDGs

IFMC.研究協力

野邑 奉弘 大阪市立大学名誉教授
野邑 奉弘
大阪市立大学
名誉教授
平田 孝道 東京都市大学教授
平田 孝道
東京都市大学
教授
藤本 幸弘 東京都市大学客員教授
藤本 幸弘
東京都市大学
客員教授
秋山 知宏 東京都市大学客員准教授
秋山 知宏
東京都市大学
客員准教授

お知らせ

4月1日より、東京都市大学医学部医用工学科内に「東京都市大学総合研究所ミネラル結晶体研究センター」を設立

寄付講座として「IFMC.(集積機能性ミネラル結晶体)講座」を開講し、IFMC.技術を、医療・環境・工業分野に応用してまいります。

東京都市大学 総合研究所 ミネラル結晶体研究センター 東京都市大学 総合研究所 ミネラル結晶体研究センター
東京都市大学 外観

東京都市大学

東京都市大学

を使用中のアスリート

AXF

レーシングドライバー
佐藤琢磨 選手

現在、北米を中心に開催されているインディカー・シリーズに参戦中のレーシングドライバー佐藤琢磨選手。

2017年のインディ500ではアジア人初優勝を獲得。
今年も3月のレースで通算4勝目を上げています。
インディカーは、最高時速約380km、コーナー侵入時は重力加速度が4Gもかかり、1レースで2~3kg体重が減るほどの過酷なレースです。
果敢にチャレンジする佐藤琢磨選手をIFMC.は応援しています!

《コメント》
『全身IFMC.で頑張っています!』

IFMC.技術を応用した
商品

高齢者の転倒事故を防ぐベルト「バランスガード」は、IFMC.技術を用いて開発されたテイコク製薬社のオリジナル商品です。
ベルトを腰に巻くだけで身体全体のバランスを整え、若いころのような足腰の強さやバランス感覚を取り戻すことが出来る商品です。


IFMC.を使用したブランド販売代理店